あなたも参加しませんか?
あなたも参加しませんか?
あなたも参加しませんか?
 

◆ 高木・支障木特殊伐採

高木・支障木・危険木の伐採(特殊伐採)
家屋や道路、鉄道路線の接近木などの危険木や、支障枝・枯損木の除伐など、重機等の搬入が困難な場所での作業もクライミング技術・ロープ架線技術を主体に、安全に施工いたします。お気軽にご相談ください。

ケヤキの樹高調整(剪定)

この欅は18mくらいから全体的に5mくらい樹高を詰めての強剪定となりました。本来樹木は自然樹形が一番美しいと思いますが、昨今の大型台風の影響により枝が折れ、住宅が破損する被害があり、剪定することになりました。樹木の真下に建物があり枝を落とせない状況で、通常より時間はかかりましたが、無事終了しました。樹木自体は小さくなりましたが、翌年の夏も庭に木陰を作ってくれました。 

ヒマラヤスギの伐採(特伐)

20mくらいの樹木です。以前に雷が落ちたこともあり、また住宅に隣接し屋根に覆いかぶさるように大枝を伸ばしていました。枝を下すスペースが狭く、木の下には家屋と他の樹木がありましたが、無事終了しました。 

モミの木枯れ枝除去

このモミの木は樹高28mくらいの立派な樹木でした。樹木自他はまだまだ元気ですが、家屋の真上にある枯れ枝の除去とモミの木の周りにある椎の木の枝おろし作業のお手伝いをしてきました。 

樫の木伐採(特伐)

住宅への接近木で高所作業車など重機でのアプローチができないとのことで、作業をさせていただきました。17m前後の樫の木が6本くらいありました。こちらの家屋は日中の陽射しが全く無く、冬場の室内温度はかなり低いそうです。伐採後は日当たりが良くなりました。

スギと樫の木の伐採(特伐)

この杉の木は溝腐れ病の部分からアリが巣をつくり、幹内がかなり崩壊していました。目の前に家屋があるため、伐採することになりました。県内ではこのような杉の木がとても多く、台風等の災害木となっている現場をよく目にします。 

桐の木除伐

この桐の木はかなり枯損が進んでいました。樹木の周りには、ごみステーションと住宅があり台風のたびに折れそうで怖いとの事。根の状態も悪く、また幹が空洞化しており、大スズメバチが新しい巣を作りかけていました。スズメバチには気の毒ですが、除伐することといたしました。

 
 

おすすめスポット